サイトM&Aの概要や方法・メリットなどについて

サイトM&Aとは何か?

M&Aとは、merger(合併)&acquisition(買収)の略で、企業間の買収&合併を意味するビジネス用語です。そして、2000年代に入って様々なIT系企業が企業の急成長のためにM&Aを積極的に行うようになったことにより、一気に語句の意味合いが知れ渡るようになりました。そして、そのM&AのWebサイト版が「サイトM&A」で、こちらも会社自体のM&A同様に2000年代から活発化しています。

M&Aで高く売ることを目的にサイトを作る人もいる

インターネット社会においては、内容さえよければ一個人が作成したサイトでも特定分野において高い人気を獲得する事が可能です。そして、2000年代以降、個人サイトを経営してきた人の中には、M&Aでサイトを高く売却できた経験をもつ人が現れ始めました。そういった人の中には、あらかじめ最終的にM&Aで高額利益を獲得をすることを最大の目的とし、高く売れそうなサイトを運営しはじめる人もいるほどです。

サイトM&Aの方法など

サイトM&Aは、購入したいサイトに対して直接申し込みをすることも可能と言えば可能です。しかし一般的には2000年代以降に立ち上げられたサイトM&A仲介サイトを通じて売却/購入するのが最もポピュラーとなっています。売却/購入が成立したら、M&A仲介サイトに対して、売り手・書い手共に数パーセントの手数料を支払うような仕組みです。

サイトM&Aのメリット

サイトM&Aのメリットは、企業間のM&Aと基本的に同じで、まずは既存のオーソリティーサイトを買う事により、いきなり新規開拓分野で活躍する事が可能です。また、ドメインを引き継ぐ事で最初から高い検索順位を狙えること、コンテンツを引き継ぐ事で0からコンテンツを作る必要がない事も大きな点と言えます。

サイト売買でビジネスチャンスを広げたいなら、情報収集が肝心です。サイトの内容を吟味して、ターゲットの客層やアクセス数などをチェックしましょう。