ダイヤモンドを売るには鑑定士をきちんと見分けよう

悪い専門店の特徴を把握しよう。

まずダイヤモンドを売るにはきちんと行政が許可した店舗に買取してもらう必要があります。具体的な古物商としての営業許可を得ているかどうかを確認しなければいけません。きちんとした店舗だと店舗の受付や公式サイトに古物商の免許番号などをきちんと記載しています。逆に言えば古物商の免許番号を確認出来ない場合にはそもそも違法な業者の可能性があるので決して、買取を依頼してはいけないです。
次にダイヤモンドの取り扱いが雑な店舗は避けた方が良いです。良い店舗はダイヤモンドを手袋で触るなど衛生管理もしっかりとしています。それ以外にも鑑定士の態度が非常に高圧的な店舗も中にあります。このような店舗はきちんとしていない可能性があるので、やめておいた方が無難でしょう。

詳しく説明してくれたり希望を聞いてくれます。

では良いダイヤモンドの鑑定士とはどのような鑑定士でしょうか?その一番の条件は買取額などの希望を可能な限り聞いてくれる鑑定士と言えるでしょう。鑑定士としても目先の利益だけでなく、良い評判を流してもらった方が利益になる事はよく分かっています。良い鑑定士だと極力営業努力をして可能な限り高い査定額を提示します。それだけでなく、何故そのような査定額になったのか、素人にも分かるように丁寧に説明してくれます。仮に査定額に関して分からない事があれば、納得いくまで説明してもらう事も可能です。このような店舗にダイヤモンドの買取を依頼したら、高額査定となる可能性が非常に高いです。

買取アプリやフリマアプリでダイヤモンドの買取をすることが可能です。しかし、カラット数や画像などしっかりと情報を載せておくことが必須です。